NEWSニュース

倒産する企業の共通項

金沢ホームページ制作.COMの杉守です。

今回は、Webといったものと別の視点でお話ししていきたいと思います。

 

もともと会計事務所の新規事業コンサルだったお話

もともと会計事務所で会社の立ち上げを主に行なってきました。実際に年間60社もの新規事業の立ち上げを行なってました。

そんな中で、大きく成功する会社と、事業計画が絵に描いた餅となって頓挫する会社の2パターンを見てきた中で失敗したケースの共通点があることに気づきましたので今回は、経営支援とホームページ制作やデジタルマーケティングの関連性をご紹介したいと思います。

 

事業失敗の共通点

頭の中や計画書で思い描いた通りにいかないのが経営。しかし、うまくいっている人もいます。もちろん運といった要素も強いですがそれ以上にしっかりとした根拠があるのだと思います。

事業がうまくいかない原因として考えられるのが

  1. 売上が立たない
  2. 人材が集まらない
  3. お金が回らない

この3つが大きく分けたうまくいかなくなる要素だと思います。

そんな中でも1.売上が立たないですがこれには会社・お店の見込み違いが影響しているとかんがえられます。

売上を立てるには集客することは必須と言えるでしょう。

しかし、創業間もない時にあなたの会社やお店・サービスを知る人はいません。

つまり、売上を上げるためにまず初めにやらねばならないことは「集客」

そしてもっと深く掘り下げると「見込み顧客に会社やお店・サービスを知ってもらうこと」から始めなければなりません。

 

集客も色々

集客にもいろいろあります。CMやフリーペーパー、駅ばり広告、雑誌今の時代広告といったものは溢れるほどあります。

しかし、今の時代一番効果的に見込み顧客に知ってもらう方法は「ホームページ」これに尽きるのではないでしょうか。もちろん。創業時には皆ホームページはいると思いでしょう。

インターネットでビジネスを拡大したいと考えている人はホームページ制作を考えるようになるでしょう。確かにインターネット上にホームページを作る事はビジネスの拡大に役立ちます。

しかしながらホームページを作ればそれだけで集客ができるかと問われるのであれば、作っただけでは不十分であると言えるでしょう。

ホームページは誰かが訪問して初めて情報発信することができる仕組みであるため、ただ単に作るだけでは効果を十分に発揮することができません。

 

大事なのは作った後の意味ある運用!

そのために大切になるのがデジタルマーケティングの考え方です。いかに情報発信をするのかについて真剣に考えるのであればWEB制作会社の力を借りて有効な対策を打つことが必要です。

一般企業は知名度を高めるために広告を打ちます。それと同じようにインターネット上のホームページも多くの人の目に留まるように対策をしなければなりません。

例えばSEO対策と呼ばれる活動が近年注目を集めていますが、これは情報検索をした際にヒットしやすくなる対策のことをいいます。

このような活動を積極的に推進することによりインターネット上での存在感を高めることができるのです。このことを十分に理解しておくべきであると言えるでしょう。

 

じゃあ、金沢でそんなことしてくれる会社あるの?

ありますよ。そう。 金沢ホームページ制作.COMなら

ホームページ制作からデジタルマーケティングで収益化まで

 

この記事を読んだ方はこちらも読んでます

一覧に戻る

PAGE TOP